HSPの不安や緊張を解消する方法がわかります!

遺伝子検査サービス Gene Life(ジーンライフ) Genesisの信憑性をレビュー

スポーツや音楽の才能 身長や体重 統合失調症や自閉症、ADHDなどの障害約8割

IQ 学業成績 記憶、外国語、美術などの才能では約5割が遺伝的要素の影響を受けると言われています。

自分自身を客観的な評価で知ることは長所や短所を見極めることにつながります。

自己評価を低くしがちなHSPにとって生きていく上での安心材料にもなります。

この記事では、Gene Life(ジーンライフ) Genesis2.0 の遺伝子検査で知ることができる情報を紹介します。

ジーンライフ 遺伝子検査の信憑性

遺伝子検査は本当にあてになるのでしょうか。

ジーンライフ『遺伝子検査サービスの利用にあたって』の免責事項には

100%正確な検査結果が得られない可能性があります”と記載されており

あくまで遺伝子検査サービスを提供しているジェネシス ヘルスケアさんが

現時点で最も適切であると判断した学術論文の内容を反映させた検査”となっています。

 

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『志向性 / 行動』

食べ物

甘いもの、タンパク質、炭水化物や脂質の摂取傾向

飲酒量、カフェイン消費量、喫煙量の傾向がわかります。

自分の意志とは関係ない遺伝子レベルでの食物欲求がわかるので

健康やダイエットのための節制方法がより具体的に対処できますね。

行動

夜型傾向睡眠時間の長さが遺伝子的にわかります。

日中のパフォーマンスや睡眠の質改善に役立ちます。

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『能力』

運動能力

筋力トレーニングや短距離走といった瞬発力を求められる能力無酸素運動

長距離走やエアロビクスなどで求められる能力有酸素運動

の高さが遺伝子的にわかります。

他にも筋肉の質(速筋、遅筋)や握力といった項目が調べられます。

才能

計算速度や情報処理速度 聴力、音程に関する能力 旨味や嗅覚の遺伝的傾向を知ることができます。

計算力などは練習を重ねれば速くなるから信憑性があるのか疑わしいと感じる方もいるかもしれません。

ジーンライフ遺伝子検査でも計算速度や情報処理速度に関しては本人の努力次第で大きく改善できる能力であると記載されています。

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『性別』

男性と女性で項目が違う検査。男性バージョンのみの紹介になります。

性別

前立腺ガンを調べるのに指標となる血液中のPSA濃度

男性ホルモンの一種であるテストステロンの血液中濃度

の高低がわかります。

肥満タイプ

どの部位に脂肪がつきやすいのかを知ることができます。

りんご型 お腹周りに脂肪がつきやすい。糖質代謝が苦手。

洋なし型 お尻まわりに脂肪がつきやすい。脂質の代謝が苦手。

バナナ型 筋肉がつきにくい。タンパク質が不足しやすい。

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『体型・体格』

体型

体脂肪率 内臓脂肪率 皮下脂肪率の高さや除脂肪体重の重さを調べることができます。

又、唇の厚さ鼻根の高さにも遺伝子的な影響があります。

短期記憶、空間学習能力に深い関わりがある海馬の大きさ

情緒に関わる処理と記憶に重要な役割を持つ扁桃体の大きさ

も知ることができます。

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『骨・関節・皮膚』

頭蓋骨内容積 大腿骨の付け根背骨の骨密度の遺伝子的傾向がわかり

骨折のしやすさも検査結果として出ます。

肌タイプ(しわ、しみ、抗酸化力)

Type I  遺伝的要素がなし。

TypeII  ハリ、弾力低下しやすい。

TypeIII  シミができやすい。

TypeⅣ IIとIIIの複合型。

他にそばかすの発生しやすさ、肌の明るさといった項目があります。

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『目・耳・口』

角膜の厚さ

視神経乳頭の大きさ(大きくなると緑内障の疑い)

耳たぶの大きさ

親知らずの非形成

これらの傾向を調べることができます。

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『血液・免疫』

赤血球・白血球

血液・免疫に関する検査項目は非常に多く、詳細な結果を知ることができます。

血液中で酸素を運搬する役目である赤血球の多さ

身体を外敵から守る免疫システムの中心的役割である白血球の多さ

や白血球細胞の一種である単球 好中球 好酸球 好塩基球それぞれの多さ

血管損傷部位の修復作業を担う血小板の多さ

血球が血液中に占める体積の割合を表すヘマクリット値の高さ

がわかります。

又、酸素を運搬するヘモグロビンの濃度や量の遺伝子傾向もわかります。

血液

「超善玉ホルモン」「長寿ホルモン」と呼ばれる脂肪細胞が分泌する血液中のアディポネクチン濃度

糖質 脂質 タンパク質 ビタミンの代謝を制御する機能を持つ血液中の甲状腺ホルモン濃度

血糖を下げる働きがある血液中のインスリン濃度

上昇すると血管内部が傷つきやすくなったり血管が狭くなり血流障害を引き起こす遠因になる血液中のホモシステイン

血管中の血栓(血の固まり)を分解する働きがある血液中のプラスミノーゲン濃度

肝機能を評価する指標となる血液中のアルブミン濃度

血中に含まれるブドウ糖(血糖)の量を示す空腹時血漿グルコース濃度 ※高いと糖尿病疑い

身体の異常を検知するための指標となる血液中のガレクチン濃度

身体の炎症反応を調べる際に用いる血液中のa1-アンチトリプシン濃度、C反応性タンパク濃度

心臓の状態を評価する指標となる血液中の心筋トロポニンT濃度

他にも血液中の中性脂肪濃度などを知ることができます。

免疫

それぞれ血液中の

IgG濃度 免疫反応に関与する抗体タンパク質。

IgE濃度 アレルギー反応に関与するタンパク質。

IgM濃度 抗体産生細胞であるB細胞から生み出される抗体の一種。

IgA濃度 外敵を攻撃する抗体の一種。

肝臓

肝臓や胆管の状態を知るための指標になるビリルビン値

肝臓酵素レベル

ALT 肝臓の状態を評価する指標

ALP 肝臓および胆汁の流れの状態を評価する指標

γGTP 肝臓および胆汁の流れの状態を評価する指標

その他

善玉コレステロール、悪玉コレステロールの高さ

血液の止まりやすさに関する 血小板の凝縮反応ADP、エピネフリン、コラーゲン)の強さ

心筋や脳の異常を察知するための指標として用いる血清中のクレアチンキナーゼ濃度

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『栄養素』

血液中のビタミン濃度

ビタミンA 成長 発育 免疫機能や視力の維持に重要な栄養素

ビタミンB6  タンパク質からのエネルギー生成、皮膚 粘膜 健康維持を助ける栄養素

ビタミンB12  脳神経の機能維持、赤血球の生成に重要な働きをしている栄養素

ビタミンD  骨の形成と成長を助ける働きがある脂溶性ビタミンの一種

ビタミンE  抗酸化作用、血液をサラサラにする作用がある栄養素

ミネラル

骨や歯の形成に関わる重要なミネラルであるカルシウムイオン濃度マグネシウム濃度を知ることができます。

アミノ酸

骨や軟骨、筋肉・腱や皮膚の原料として重要なアミノ酸であるグリシン

その他、アラニン ロイシン バリン セリン リジンといったアミノ酸の濃度の遺伝傾向を確認することができます。

その他

体内でエネルギーを作り出すクエン酸回路の構成成分である血液中のクエン酸濃度

神経油脂の重要な構成成分 血液中のDHA/EPA濃度

尿酸値を上昇させるプリン体の一種 血液中のイノシン濃度

血液中の鉄分濃度などの項目を知ることができます。

ジーンライフ 遺伝子検査項目 『その他』

ジーンライフ遺伝子検査では、カテゴリー以外にも細かな項目まで調べることができます。

血圧

血圧の高低傾向

塩分摂取による血圧変化

冷温刺激による血圧変動

といった血圧に関する遺伝的な傾向がわかります

身体

目の色(薄さ)、体臭の強さ、長寿、乗り物酔い、光くしゃみ反射、ミトコンドリアグループといったユニークな特徴もチェックできます。

体内

心拍数、心臓脂肪の付きやすさ心臓の周囲に脂肪が付くと心筋梗塞を含む心臓病のリスク上昇につながる可能性)

努力肺活量 息を深く吸った後にできるだけ速く一気に息を吐き出した息の量(大きいと一度の呼吸でより多くの空気を取り込める)

代謝

アルコール代謝

カフェイン代謝

フライドポテトやポテトチップスに含まれる発がん性物質の分解(解毒)に関するアクリルアミドの解毒能力 

過酸化水素を無毒化するための抗酸化物の生産、抗酸化酵素活性

などを知ることができます。

 

Amazonリンク

新 [GeneLife Genesis2.0 Plus] ジーンライフ 360項目のプレミアム遺伝子検査 / がんなどの疾患リスクや肥満体質など解析


ジーンライフのHP

https://www.genelife.jp

 

関連記事

HSPが人生を上手く生き抜くための自己分析ツール ー欲求の4タイプー

HSP気質が疲れすぎないために今すぐできるリフレッシュ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA